ウェブサイトと印刷物の企画・制作などを手がける京都の【IMシステム(旧アイ・メディアエージェント)】

IMシステムからのご案内

Web・印刷事業部

心電図解析事業部

エステ事業部

会社概要

  • ウェブサイトと印刷物の企画・制作
  • 心電図解析事業
  • エステ事業部
本社所在地
〒600-8232
京都市下京区木津屋橋通油小路東入る南町576-3 IMビル2階
JR京都駅より徒歩7分
○総務
○Web・印刷事業部
○心電図解析事業部
TEL:075-353-7531
FAX:075-353-8216
エステ事業部
TEL:075-703-2662

リリース・出版関係

「京都新聞」1月19日夕刊に掲載されました。(2007/01)

「京都新聞」2007年1月19日夕刊に、「介護状況お知らせWEBシステム」の記事が掲載されました。

介護状況お知らせシステム記事

ブログで“お見舞い” 患者の様子 ネットで確認 (記事抜粋)

 長期の入院生活を続けるお年寄りの状況をインターネットのブログ(日記風のウェブサイト)で家族が確認できるシステムを、武田病院グループが開発した。京都市下京区の木津屋橋武田病院で試験運用を始めており、医師らは「入院すると家族と疎遠になりがちだが、絆(きずな)を確認する手段として活用してほしい」と話している。

家族の絆 確かめて

 システムは「介護状況お知らせwebシステム」で、病院と下京区のウェブシステム制作会社「アイ・メディアエージェント」が開発した。

 患者の家族がパソコンや携帯電話を使ってネットのウェブサイトにアクセス。IDやパスワードを入力し、患者個人のページに入る。医師や看護師、栄養士が掲載した記事や写真を見て、入院生活の様子を確認できる。

 認知症などで患者自身が情報を発信できなくても、介護担当者らが定期的に更新する。遠隔地の家族でも時間を問わず利用でき、コメントや質問も書き込めるなど、双方向の情報交換が可能だという。

 試験運用には京都市出身で米国で事業を展開する吉田潤喜さん(57)が協力。入院中の母親(93)の世話で、定期的にオレゴン州から帰国する吉田さんは「なかなか病院に来られない孫たちも、おばあちゃんの様子をパソコンで見て安心できる。家族のやりとりを記録として残せるのもいい」と話す。
 木津屋橋武田病院の橋本惠院長は「情報管理の徹底などシステムをさらに整備し、外部の施設にも提供していけるようにしたい」と普及に意欲を見せている。

← 一覧へ戻る

お問い合わせ・お見積り ご相談はこちらから

△ このページの先頭へ